社員紹介

渡辺洋平

自分が企画・開発した商品が
お客様のクルマに実装されることを夢見て

本部

イノベーション推進部 カーライフイノベーショングループ

渡辺 洋平Yohei Watanabe

2011年入社

01「エントリーした経緯、入社の経緯」

もともとクルマへの興味はあったことに加え、音楽も好きであったため、クルマとオーディオというふたつのキーワードが備わっていることに魅力を感じ、エントリーしてみようと思い立ちました。
もちろんほかにも多数の企業に応募していましたが、会社説明会や面接を経るなかで、当社の理念である「お客様第一」という考え方に一貫性があり、その着眼点に誠実さや未来を感じ、この会社で働いてみたいという気持ちが固まっていきました。
面接時に感じたお客様視点は入社後もやはりまったく変わらず一貫していていました。お客様が何を考えていて何に価値を置いているのかを考えて、お客様の生の声を聞き取って改善していく、その飽くなき探求心は私の所属する開発から営業まで、隅々まで浸透しています。

社員紹介

02「入社後から現在に至るまで」

入社当時は営業として埼玉の営業所に配属されましたが、2014年12月から開発に異動になり、いまに至ります。
アルパインマーケティングというと「カーナビを売るだけの会社」と思われるかもしれませんが、アルパインと協業して開発も行っています。カーナビ本体はアルパインですが、リアモニタやカメラの周辺機器などは当社が開発を行うことがあります。私自身の業務としては、営業から吸い上げられるユーザーのニーズや不満をいわきのアルパイン本社開発に届けつつ連携を取り、商品企画グループと連動しながら仕様の確認や追加機能のロードマップ作成などを担当しています。

社員紹介

03「これからの意気込み、目標」

私が配属された部署はもともと商品企画のみでしたが、昨今では企画から開発まですべてに携われる体制に変わってきました。いずれは私がお客様のニーズを抽出して、目指す商品の姿を明確にして、企画から仕様作成、コスト管理、開発、製品化までを担当してみたいと思っています。そしてその製品がお客様のクルマに実装されているところを街中で発見する、そういう姿を夢見ています。
開発は製品に直接影響を与える仕事であるため、ひとつのミスが製品全体、会社全体に波及してしまうという、非常に責任の重い仕事でもあります。資料ひとつとっても、それがわかりにくければ社内外すべての関係者に悪影響を与えてしまいます。資料ひとつであっても、一言一句もおろそかにせず作成するようになりました。責任の大きい仕事でもありますが、同時にやりがいのある仕事でもあります。

社員紹介

社員紹介

MESSAGE

就活生へのメッセージ

人によって得意不得意があるとは思いますが、ただ待っているだけではなく、自分から周りを巻き込んでいける人に来ていただきたいです。会社としても「イノベーションを起こせ」といわれています。前例踏襲は好まれません。自分から物事を変化させていくアグレッシブさこそが若い皆さんに求められる「元気」だと感じています。
当社は大企業ではないかもしれませんが、しかし全員の顔が見える会社でもあります。会社全体が分け隔てなくひとつになって仕事をしています。全社が「お客様第一」という指針に従ってワンチームとなって仕事をするダイナミックさは当社ならではであると思っています。