• メイン画像1
  • メイン画像2

東京モーターショー2015
アルパインブースレポート!

“Tokyo Motor Show 2015” Report of Alpine exhibition booth

「モービルメディアの未来価値」をテーマに、アルパインが生み出す新たな世界を展示。

東京ビッグサイトで開催中の「第44回東京モーターショー2015」にアルパインが出展!
今回掲げているテーマは「Driving Mobile Media Innovation モービルメディアの未来価値へ」。

ブースでは「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」と「近未来コックピットの世界“Here is…”」という2つのコンセプトのもと、
車種ごとの最適な車室内空間とコックピット周りにおける新たな付加価値を
メインステージと製品の実物で披露するという。

実際にどんなブースなのか。ここでその様子を紹介していこう。

  • サブ画像1
  • サブ画像2
  • サブ画像3
  • サブ画像4

REPORT 01

車種ごとに最適にデザイン、カーライフをあざやかに彩る。
「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」

まず最大の見どころは、回転式メインステージ。「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」と「近未来コックピットの世界」が交互に登場するという驚きの構造だ。最初に披露するのは「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」。車種専用に開発されたナビゲーションやリアビジョン、オーディオなどによって最適にデザインされた車室内空間を、ステージ上の大画面に映し出されるムービーで来場者にプレゼンテーション。そこには、人々のカーライフをあざやかに彩りたいというアルパインの強い想いが込められている。さらに、ステージ上には「アルファード」「ヴェルファイア」「ヴォクシー ZS 煌」「オデッセイ」「N-BOXカスタム」「セレナ」の車種専用カーナビゲーション「BIG X プレミアム」を展示。実物に直に触れた来場者は、その大画面の迫力と美しい装着に大いに感心していた。当日はBIG XシリーズがJ.D. パワー 顧客満足度調査において4年連続No.1を獲得したこともリリースされ、ブースをいっそう盛り上げていた。

ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン::画像1
  • ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン::画像2
  • ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン::画像3
  • ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン::画像4
  • ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン::画像5

REPORT 02

運転席周りの新たな付加価値が実感できる。
「近未来コックピットの世界 “Here is…”」

  • もうひとつのショーの時間になるとメインステージが回転し、「近未来コックピットの世界“Here is…”」が始まる。それは近未来のクルマに乗る2人の女性によるエレガントなステージ。そこで描かれているのは、アルパインが提案するコックピット周りにおける新たな付加価値。たとえば車内に装備されたカメラによって自動的にドライバーやパッセンジャーを認証して、シートポジションを自動調節したり、好みの音楽を提供したり、さらには手のジェスチャーで情報のやりとりを2人の間で行ったり…。アルパインのテクノロジーによって、クルマと乗員とサーバーの連携が進化し、これまでにない情報提供やコミュニケーションが可能になったワクワクするような世界を見せてくれる。

  • 近未来コックピットの世界 “Here is…”::画像1
  • 近未来コックピットの世界 “Here is…”::画像2
  • 近未来コックピットの世界 “Here is…”::画像3

REPORT 03

ディスプレイが自動回転。その場で好みの製品を体感できる。
「車種専用製品のタッチ&トライ」

もうひとつの見どころは、車種専用製品の実物展示。「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」を具現化した製品のタッチ&トライができる。こちらもメインステージ同様に回転式。ボタンを押して車種を選択すると、ディスプレイが自動回転し、その車種専用の実物が目の前に現れる。自分の愛車に合った製品や試したい製品を、その場で体感できるのが魅力だ。さらにアルパインスタッフによる展示製品の説明も受けられ、「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」への理解をより深められる。実際に展示スペースでは多くの人が製品を体感し、BIG X プレミアムとリアビジョンが織りなすシステムの魅力や、細部までこだわった質感に驚きの声を上げていた。

車種専用製品のタッチ&トライ::画像1
  • 車種専用製品のタッチ&トライ::画像2
  • 車種専用製品のタッチ&トライ::画像3
  • 車種専用製品のタッチ&トライ::画像4
  • 車種専用製品のタッチ&トライ::画像5

REPORT 04

「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」の
美しいマッチングをバーチャルで実感。
「スマホバーチャルリアリティ体験」

また、今回は来場者のスマートフォンと連携した体験型コンテンツも用意。まず、各ディスプレイやコンパニオンの腕にあるQRコードを読み込むと、スマートフォンの画面に車室内空間が映し出される。そしてそのままスマートフォンを動かすと車室内空間もその動きに合わせて変化。あたかもアルパインの車種専用製品が取り付けられた車内にいるような感覚になり、「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」の美しいマッチングを手軽に実感できるというわけだ。さらに画面内のオブジェクトにタッチすると製品が紹介され、より詳しい情報を知ることができる。ブースでは、多くの人がスマートフォンを掲げ、笑顔を見せながら楽しそうにバーチャル体験を楽しんでいた。

  • スマホバーチャルリアリティ体験::画像1
  • スマホバーチャルリアリティ体験::画像2
  • スマホバーチャルリアリティ体験::画像3
  • スマホバーチャルリアリティ体験::画像4

REPORT 05

来場者をナビゲート。ステージアクションも披露。
「アルパインのコンパニオン“A☆GIRLS”」

  • そして、アルパインのブースを美しく彩り、来場者のみなさんをやさしくナビゲートするアルパインのコンパニオン“A☆GIRLS”も注目の的。メインステージで展開される「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」のプレゼンテーションでは、“A☆GIRLS”がステージアクションを披露。ショー以外の時間も「チームB」と「チームW」それぞれのコンパニオンが、ブース内の雰囲気を大いに盛り上げ、足を運んでくれた人たちに胸躍るひとときをもたらしてくれていた。
    ちなみに“A☆GIRLS”の情報は、上記のバーチャルリアリティサイトで見ることができる。さあ、あなたもアルパインブースに行ってみよう。

  • アルパインのコンパニオン“A☆GIRLS”::画像1
  • アルパインのコンパニオン“A☆GIRLS”::画像2
  • アルパインのコンパニオン“A☆GIRLS”::画像3