RCA入力カーナビ対応バックビューカメラ

後方の映像をナビ画面へ表示し、クルマの操作を快適にサポート。
RCA接続タイプのカーナビでご使用いただけます。
本体色はブラックです。

※車種専用パーフェクトキットは別売となります

バックビューカメラ

車種専用ガイド線表示で、
正確なハンドル操作をサポート。

運転に不慣れな家族の方でも、安心してお使いいただくために。バックビューカメラはバック操作時、切ったハンドルの角度から曲がる方向を予測して進路を示す「ステアリング連動カメラガイド線」を表示(注1)。車種ごとに実車で計測したデータで、車幅や進行方向をより正確に把握することができます。

  • (注1)ステアリング連動ガイド線は、2016年製以降の一部 車種専用カーナビとHCE-C1000D/2000RD/C4000Dシリーズの接続時に表示します。対応モデルは適合表をご確認ください。2015年以前のアルパインカーナビには、ステアリング連動バックビューカメラ(SGSシリーズ)を接続することで、ステアリング連動ガイド線を表示することができます。
  • お客様の閲覧環境により、発色や質感などが実際の商品と異なる場合があります。
バックドアガイド線 バックドア開閉時に配慮したガイド線です。ステアリング連動カメラガイド線 ステアリング操作に応じた進路を青のガイド線で示します。 距離目安マーク 約0.5m、約1m、約2mの目安を赤・黄・緑で示します。

駐車時、バックドアの開閉に
必要な距離の目安も表示。

外出先で駐車時、後方にバックドアを開く余裕がなかった…。そんな失敗ももうありません。バック操作時、車種ごとに計測した車幅や後方距離の目安をガイド線で表示(注2)。バックドア付き車はバックドアの開閉に必要な距離の目安も表示します。

  • (注2)2016年製以降のアルパインカーナビ接続時のみ対応します。
距離目安マーク 約0.5m、約1m、約2mの目安を赤・黄・緑で示します。 バックドアガイド線 バックドア開閉時に配慮したガイド線です。
  • クルマを停めてからでも、バックドアを開けて荷物を出し入れできるので便利です。

マルチビュー・バックカメラ

4パターンの映像を表示可能。
左右の安全確認をスムーズに。

4つの映像を切り替えて後方を表示できるマルチビュー・バックカメラ。バック駐車などがより正確に行えます。また「コーナービュー」では、通常のバックビューを含めマルチ画面で表示。死角となる車両後方の両サイドの状況を確認できます。

コーナービュー

左右及び後方の3映像を同時に表示します。

パノラマビュー

ワイドな視野で、後方全体を見渡せます。

トップビュー

クルマの上方から見下ろした映像を表示。

バックビュー

車両後方を歪みの少ない映像で表示します。

サイドビューカメラ

助手席側の縁石や
障害物もしっかり見える。

家族の乗り降りで幅寄せする時や、縦列駐車する時などに役立つサイドビューカメラ。車両前方30cm、車両側方15cmの目安を示し(注3)、ハンドル操作をサポートします。目の届かない助手席側の下にある縁石・障害物もしっかり確認できます。

  • (注3)カメラガイド線表示、画面上のカメラ切り替えボタンはアルパインカーナビとの接続時のみとなります。

マルチビュー・サイドカメラ

サイド映像が切替えられる。
多様なシーンで役立つカメラ。

駐車時や車庫入れ時、幅寄せ時など、シーンに応じて3パターンの映像を表示できる、マルチビュー・サイドカメラ。ドアミラー下やリアドア周辺、後方など、車両の左サイドを確認できて便利です。

幅寄せ時(前方) 左前方・周辺を確認できる
幅寄せ時(後方) スライドドア付近の障害物を確認できドアの接触を防止
狭い車庫へ入れる時(接触防止) ミラーをたたんだ状態で左後方を確認可能

マルチビュー・フロントカメラ

狭いT字路などで
左右の安全確認をスムーズに。

見通しの悪い交差点や狭い駐車スペースの車庫入れなどで活躍するマルチビュー・フロントカメラ。「コーナービュー」「パノラマビュー」「トップビュー」という3パターンの映像を用途に応じて切り替えて表示できます。

〈コーナービュー〉左右の様子をより詳しく確認できます。
〈パノラマビュー〉ワイドな視野で、<br>前方全体を見渡せます。
〈トップビュー〉クルマの上方から<br>見下ろした映像を表示。
  • ※取付けには製品付属のナンバーブラケットを使用します。トヨタ ダイレクト接続対応の「HCE-C2500FD-Y」については適合車種をご確認ください。

コーナーカメラ

縦列の抜け出しや狭い路地で、
左前方の死角を自動表示。

縦列の抜け出しや狭い路地での左折などでは、左前方が見にくくアクシデントが発生しがち。そんな時は、コーナーカメラ(注4)が車両のソナーと連動して自動的に左前方の映像を画面表示。スムーズな取り回しをサポートします。

  • (注4)純正ソナー連動はアルファード/ヴェルファイア(30系)のみ対応します。※HCE-CC1000AL/VEはエアログレードのみに対応となります。取り付けキットはアルファードとヴェルファイアでは形状が異なります。

2カメラ・トップビューシステム

トップビュー映像で、
車の位置をひと目で把握。

まるで空から見下ろしたような映像で、周囲と車の位置関係をひと目で把握できるカメラシステム。前後に搭載したカメラは、それぞれマルチビュー・フロントカメラ/バックカメラとしても利用可能。上ら見ているように周囲を確認できるので、より安心して駐車や移動ができます。

バックビュー
リア・パノラマビュー
リア・トップビュー
リア・コーナービュー
フロント・パノラマビュー
フロント・トップビュー
フロント・コーナービュー
  • ※左右サイドの映像は録画画像の合成で、リアルタイムの状況を反映するものではありません。

ルームカメラ

振り返ることなく、
車内の様子を映像で確認。

車内の様子を映像で確認できるルームカメラ。車内のBピラー(前後のドアの間にあるフレーム部)に取付け、後席の様子をカーナビ画面に映し出します。たとえば後席のお子様の様子が気になるとき、振り返ることなく映像で見ることができます。さらに赤外線LEDも備えているので、夜間でもルームライトを点灯することなく、後席の状況を確認できます。

  • ※ルームカメラとスペースクリエイター「SBS-CR1000BTシリーズ」の同時接続はできません。
  • カーナビ画面で、後席の様子を確認。
  • 赤外線LED搭載で暗くても様子が見える。