グッズ

車内のイヤな臭い!消臭するには適切なケアが重要

2018,8,1

持ち主が気づきにくい車内の臭い。まずは、代表的な臭いの原因を探ります。それぞれの臭いの原因を元から断つための心構えと、具体的な消臭方法について、日ごろから簡単にできることや困ったときの応急処置、徹底的な消臭対策までご紹介します。

車内の臭いは、適切なケアをしなければ消せません。持ち主の手入れの仕方によっては、独特の臭いがする車内。抵抗力のない赤ちゃんや子ども、家族全員が快適に過ごせるよう、日ごろからこまめにケアをしておくことが重要です。車内の臭いの原因と適切な消臭方法をアドバイスします。

車内がくさい!臭いの原因は何?

臭いの原因はひとつではありません。そのなかでも、主な原因とされている臭いを紹介します。

喫煙者でも気になる、タバコの臭い

車内の臭いの原因として挙げられるのが、タバコ。タバコの煙に含まれるアンモニア、タール、アセトアルデヒドなどの成分は、悪臭の原因になります。また、ヤニの付着でも問題になるニコチンは、分解・代謝されると発がん性物質であるニトロソアミン類を生成します。

抵抗力の少ない子どもが車のシートに染み付いた煙の成分を吸い込むことで、三次喫煙(タバコの残留物からでた有害物質を吸い込むこと)してしまう不安もあります。また、いざ車を売ろうとしたときに査定額が大きく下がるなど、タバコの臭いは敬遠されているのです。

車内での飲食や食べこぼし

焼き肉や中華など、コンビニ弁当を車内で食べることはありませんか?温かい食べ物の臭いは、湯気とともに車の天井などや車内に付着し、布地に染み込んで不快な臭いになります。さらに、こぼした食べかすにダニや菌が発生し、悪臭の原因になることも。

スナック菓子など、パラパラとこぼれやすいものは踏んでしまって粉々になってしまい、きちんと掃除できないまま菌の温床になる危険があります。

臭いを消すつもりが…強い芳香剤の香り

自分ではいい香りだと思っている芳香剤も、なかには苦手な人がいるかもしれません。近年、香りの被害「香害(こうがい)」が話題になっていることはご存じでしょうか?人工的で過剰な香りの芳香剤に含まれる化学物質が、めまいや吐き気、思考力の低下を引き起こす化学物質過敏症の原因になることも。車酔いを引き起こしかねない臭いです。

スイッチオンで不快臭、エアコンの風

季節の変わり目、車のエアコンをつけた瞬間に、車内に広がる臭いにウッとなった経験のある人も多いでしょう。この臭いの原因はカビ。エアコンを使用すると、温度差から結露ができ、その水分にホコリや汚れなどが付着します。目に見えないエアコンの内部は、いつの間にかカビの温床になっています。きちんと手入れしておかないと、カビをたっぷり含んだ風を吸い込むことになってしまうのです。

消臭ケアで車内空間を快適にしよう

車内の臭いの原因を知ったところで、ここからは具体的な消臭方法について紹介していきます。快適な車内空間にするため、適切な消臭ケアをしましょう。

消臭スプレーで快適空間に

とにかく手っ取り早く車内のイヤな臭いを消したいのであれば、市販の車用消臭スプレーがおすすめです。「車用」と記載された商品は、車特有の臭いに特化して消臭してくれます。臭いの染み込んだシートや足元のマットなど、布製品に念入りにスプレーしましょう。家族のなかで香りに敏感な人がいるときは、無香タイプを選ぶようにしましょう。香り付きタイプを選ぶ場合は、香りがあまり強く残らないものがおすすめです。

重曹で臭いも汚れもスッキリ掃除

ナチュラル派の掃除グッズの代表である重曹は、車内の臭い取りにも効果を発揮します。特に、布製シートの臭い取りにおすすめです。水を入れたバケツに重曹を溶かし、そのなかに浸した雑巾をよく絞ってシート部分を丁寧に拭きます。ただし、シートが革製の場合は注意が必要です。変色してしまう危険があるので、革の部分には使わないようにしましょう。

どうする?エアコンの臭い防止対策

車に乗ろうとして久しぶりにエアコンをつけたら、耐えられない臭い……。そんなときには、10分でできる応急処置があります。車の窓を全開にして、エアコンの温度、風量ともに最高にし、10分ほど暖房をつけます。エアコン内部が乾燥されて、臭いに若干の改善がみられる場合が。ただし、カーエアコンの内部は構造が複雑なため、プロに任せたほうがよい場合もあります。

たとえば、エアコンの送風口の手前にある「エバポレータ(熱交換器)」のクリーニング。自分でできるクリーナーも市販で手に入りますが、完璧に掃除するためにはパーツの分解も必要です。車のエアコン掃除は、プロに任せたほうがよいでしょう。同時にフィルターを交換すれば、さらに快適になります。

車内の臭い防止のために

臭いの原因のなかには、普段から注意すれば防げるものもあります。「車内ではタバコを吸わない」「臭いの強い食べ物は車内では食べない」など、できることからはじめてみましょう。

スナック菓子を子どもに与える場合は、大きめのひざ掛けなどで食べこぼしを防ぎ、飲み物を与える場合はストロー付きキャップに付け替えるなど、車内を汚さない工夫も大切です。日ごろの心がけと、エアコンを使うシーズン前の大掃除で、快適な車内空間でのドライブを楽しみましょう。

まとめ

持ち主の手入れの仕方によって、独特の臭いがする車内。狭い空間だからこそ、日ごろからこまめに消臭対策を立てることが重要です。快適な車内空間は、抵抗力のない赤ちゃんやアレルギーのある子どもをはじめ、家族全員の健康を守ることにもつながります。ぜひ、いまから少しずつでも車の消臭対策を心がけましょう。

どんなサイト?

日常のちょっとした楽しみ、悩み。
日々奔走するパパ、ママへ。
「気付き=!」がみつかる、子育て応援メディアです。

子育て家族のカーライフを幸せを応援する、
ALPINE(アルパイン)が提供しています。

al.ways!ってどんな意味?

ALPINE「al」が提供する、
子育て家族の気づき「!」へつながる
道「ways」となるメディアとして、
いつでも「always」気軽に見てほしい
という思いが込められています。