あそび

寒い冬こそ外で体を動かそう!外遊びが楽しくなるおもちゃ

2018,01,23

冬はインドアになりがちですが、「子どもは風の子」というように、寒くても元気に外で遊んでほしいですよね。そこで今回は子どもが思わず外で遊びたくなるような、外遊びにぴったりのおもちゃをご紹介します。パパやママにもうれしい、安全性への配慮のあるおもちゃです。

昔から「子どもは風の子」と言いますが、冬は暖かな家の中にいたいと思うのは、大人も子どもも同じです。だからといって、子どもが運動不足になってしまったり、体力があり余って室内で暴れたりされるのは困りものですよね。そこで今回は、子どもが思わず外で遊びたくなるような、アウトドア向けのおもちゃをご紹介します。一緒に遊べばパパやママの運動不足も解消されるかも!

遊びながらバランス感覚を身に付けるおもちゃ

姿勢を保ったりケガをしにくくしたりするために、バランス感覚はとても重要。外で楽しく遊びながら、子どもが自然にバランス感覚を養えたらうれしいですよね。跳ねたり蹴り出したり、子どもが乗って楽しむおもちゃをご紹介しましょう。

誰もが一度は遊んだことがあるアレ!「バランスホッピング」


http://www.rangs.jp/fs/rangs/balancehopping

一時期ブームになってすっかり定着したホッピングですが、昔のホッピングといえば重たい金属製で、カラーバリエーションも赤や黒くらいしかありませんでした。しかし、現代風にアレンジされた「バランスホッピング」は、ブルーやオレンジといったカラフルな6色がラインアップされ、使いやすさも格段にアップ。足踏み部分に透明プラスチックカバーを採用し、先端のゴム部分も交換可能です。ぴょんぴょんはねて遊ぶうちに、自然と子どもがバランス感覚を身に付けてくれるでしょう。

新感覚のスケートボードとして有名な「リップスティック」


http://www.rangsjapan.co.jp/ripstik/index.html

前後に1つずつタイヤが付いているキャスターボード「リップスティック」。10年ほどまえに日本に上陸し、瞬く間に子どもに人気を集めました。スケートボードと違う点は足で地面を蹴って進むのではなく、体をひねってボードの前後を揺らして進むところ。大人としては乗りこなすのが少し難しそうに感じますが、だからこそ子どもが夢中になってくれるんです。ボードと合わせて各種メンテナンスパーツも販売されているので、カスタマイズする楽しみもあるでしょう。

バランス感覚だけで乗りこなす「バランスバイクアルミボディ」


http://www.rangsjapan.co.jp/item/ride/balancebike_alm/

「バランスバイクアルミボディ」は一見自転車のように見えますが、ペダルがありません。足で蹴り出して前に進む仕組みのため、必要以上にスピードが出ることが少なく、足が地面に着くので転倒の危険性も低いでしょう。足の力とバランス感覚を利用して乗るため、走るのが早くなったり、大きくなってから自転車にりこなすのが簡単だったりといった効果も見込めそう。見た目も自転車そっくりなので、少しでも大人になりたい子どもにとってうれしい乗り物ですね。

ハンドル操作だけで走れる!?「プラズマカー」


http://www.rangsjapan.co.jp/item/ride/plasmacar/

「プラズマカー」はギアもペダルもバッテリーもなく、ハンドル操作だけで前進、後退、方向転換が可能な不思議な乗り物です。動作の秘密は体重移動やバランスの取り方にあり、慣れればスムーズに乗りこなすことができます。耐荷重が100kgまであるため、きょうだいや友達同士はもちろん、パパやママが子どもと一緒に乗って遊ぶことも可能。グッドデザイン賞を受賞した、スタイリッシュなおもちゃです。

友達や兄弟とワイワイ遊べるおもちゃ

子どもが物を何でも投げてしまって困った経験のあるパパやママは多いはず。そう、子どもは投げることが大好き。キャッチボールのように遊ぶもよし、誰が一番遠くまで飛ばせるか競ってもよしの遊べるおもちゃをご紹介。ぶつかっても安心の安全性への配慮がうれしい、みんなで盛り上がるおもちゃです。

こんなに飛ぶの!?「Xジャイロ」


http://www.rangsjapan.co.jp/item/throw/xジャイロ/
http://www.rangsjapan.co.jp/item/throw/エックスランチャー/
http://www.rangsjapan.co.jp/item/throw/xジャイロエアーライダー/

「Xジャイロ」をただの円筒状のおもちゃかと侮ってはいけません。手首のスナップを効かせて投げれば180m以上の飛行も可能な、空気力学と回転軸運動の生み出したハイテクアイテムです。遠くに飛ばすにはテクニックが必要ですが、簡単に飛ばすことのできる「エックスランチャー」や、キャッチも簡単にできるようになる「Xジャイロエアーライダー」などの周辺機器も人気です。

ドッジボールより安全な「ドッヂビー」


http://www.rangs.jp/fs/rangs/GoodsSearchList.html?_e_k=%82%60&keyword=%83h%83b%83a%83r%81%5B&x=0&y=0

「ドッヂビー」は柔らかいフリスビーのようなおもちゃで、当たっても痛くありません。コツを掴めばキャッチするのも簡単で、体格差の大きい子どもたちでも問題なく遊ぶことができます。ボールよりも薄くてかさばらないので、遊びに行くときの持ち運びも簡単ですね。近年では学校の体育でも採用されていて、子どもにもなじみがあるので安心して遊ばせられるでしょう。

柔らかい素材で安全な「パワーポッパー3」


http://www.rangsjapan.co.jp/item/throw/パワーポッパー/

鉄砲型のおもちゃは人気ですが、なかなか安心して遊ばせられるものは少ないですよね。しかし、「パワーポッパー3」なら、発射するのは大きめの柔らかい発泡ボールで当たっても安全。ボール以外にもロケットやダーツの形を模した球もあり、的を定めて射的ゲームが楽しめそう。ハンドルを握ってスライドさせるとボールが飛び出す仕組みで、慣れれば連射もできる、特に男の子の心をくすぐりそうなおもちゃです。

スーパーボールよりよく跳ねる!?「ジービーズ」


http://www.rangs.jp/fs/rangs/zeebeez

バウンドさせて遊ぶスーパーボールは子ども人気ですが、小さいのでなくしてしまったり、予測できない動きでものを壊してしまったりと危険もいっぱい。しかし、「ジービーズ」なら大丈夫。ひっくり返してうまく水平に落とせば、真上に1.8mも跳ねるので迫力満点。不用意に落としてもひっくり返していなければ跳ねて飛んでいかないのでなくしてしまうこともありません。

フリスビーの元祖「フリスビーコースター」


http://www.rangsjapan.co.jp/item/throw/frisbeecorster/

元祖フリスビーである「フリスビーコースター」は、柔らかいラバー製のおもちゃ。フリスビーとしては珍しい輪っか型は航空力学に基づいた設計で、飛距離も折り紙付きです。投げるときに力や技術が必要なく、強く投げても簡単にキャッチできる子どもにうれしい設計。子どもにフリスビーで遊ばせたいと思ったら、これを買っておけば間違いないでしょう。

打ち上げても安全な「公園ロケット」


http://www.rangsjapan.co.jp/item/throw/koenrocket/

高く打ち上げたり的当てしたり、さまざまな遊び方ができる「公園ロケット」は、ウレタン素材で万が一人にぶつかっても大丈夫。手首のスナップをきかせて回転させるなど、飛ばすのにテクニックが必要なところが逆に楽しいおもちゃで、練習にも熱が入ること間違いなし。飛行中は先端に着いたホイッスルが鳴って、ロケット花火感覚で遊ぶことができます。

これはディスク?ボール?謎の「フラットボール」


http://www.rangsjapan.co.jp/item/throw/phlat-ball/

「フラットボール」は一見平たいディスクなのに、少しの衝撃でボールに戻るという不思議なおもちゃ。ディスクの状態で投げると空中でボールに変身することもあり、子どもが何度でも飽きずに遊んでくれるでしょう。もちろん普通のボールとしても遊べます。ディスク状で持ち運びできるのでかさばらず、キャンプなどのレクリエーションに持っていくおもちゃとしても最適です。

まとめ

今回は寒さで家に閉じこもりがちになる冬に打ってつけの、外で遊べるおもちゃをご紹介しました。どれも安全性に配慮したもので、安心して子どもに遊ばせられるものばかり。もちろん子ども同士の遊びでも活躍しますが、子どもと親のコミュニケーションツールとして取り入れてみてもいいかもしれませんね。冬でも元気に遊んでもらうため、子どもへのプレゼントにいかがでしょう。

協力:
ラングスジャパン

関連記事:
インドアでも元気に遊べるおもちゃを一挙にご紹介!

どんなサイト?

日常のちょっとした楽しみ、悩み。
日々奔走するパパ、ママへ。
「気付き=!」がみつかる、子育て応援メディアです。

子育て家族のカーライフを幸せを応援する、
ALPINE(アルパイン)が提供しています。

al.ways!ってどんな意味?

ALPINE「al」が提供する、
子育て家族の気づき「!」へつながる
道「ways」となるメディアとして、
いつでも「always」気軽に見てほしい
という思いが込められています。