まなび

徹底リサーチ!子どもの習い事はいつからはじめる?費用はいくら?

2018,6,24

本記事では、子どもたちの習い事と費用に関する情報のリサーチ結果を紹介します。いろんなことにチャレンジさせることで、子どもの思わぬ才能に気づくこともあるでしょう。これから子どもに習い事をさせたいと考える人は、ぜひ参考にしてみてください。

子どもにいろいろと経験してほしいと思う反面、習い事に追われる生活をさせてしまうのは少しかわいそうですよね。「ほかの親はいつから子どもに習い事をさせているの?」といった疑問はつきないもの。今回は、さまざまなアンケート調査を元に、子どもたちの習い事と費用についての情報を紹介します。これから子どもに習い事をさせたいと考えているパパやママは、ぜひ参考にしてみてください。

子どもに習い事をさせるきっかけは?

まずは、子どもに習い事をさせるきっかけについてリサーチしてみました。子どもに習い事をさせるきっかけとして最も多いのは、両親の希望です。

例えば、『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事ランキングでは、水泳をはじめるきっかけは、

  • 心肺機能強化のため
  • 体力づくりのため
  • 小学校で熱心に教えてくれないため

などの理由が多いようです。また、英語や英会話をはじめるきっかけは、

  • 小学校で必須科目になった
  • 将来、受験に備えて

などの理由で、いずれも両親の希望ではじめるケースが多いようです。

次に多い理由が、子どもの希望。子どもの希望で習い事をはじめたきっかけをリサーチしたところ、

  • 英語教育のテレビCMに子どもが興味をもった
  • 友達が習っているから自分も習いたいと子どもに言われた

などがきっかけとなり、習い事をはじめるケースがあるようです。

何歳からどんな習い事をさせているの?

次に、何歳から習い事をさせる家庭が多いのかと、どんな習い事をさせる家庭が多いのかについてリサーチした結果を紹介します。

4歳から習い事をはじめさせる家庭が多い

リサーチした結果、4歳から子どもに習い事をさせはじめる家庭が多いようです。アクトインディ株式会社の運営するお出かけ情報サイト『いこーよ』の行ったアンケート(2018年習い事調査)によると、4歳から6歳の子どものうち約8割が習い事に通っているという結果でした。

また、習い事に通う子どもの割合が8歳になると約9割に増えることから、習い事をはじめるのは、

  • 保育園や幼稚園の年少クラスに入園するタイミング
  • 学校生活が少し落ち着いた小学2年生に進級するタイミング

が多いと推測できます。

学生生活に役立つ習い事をさせている

では、子どもにどんな習い事をさせる家庭が多いのでしょうか。リサーチしてみました。

アクサダイレクト生命保険株式会社の行ったアンケート(第5回 子どものおけいこ事に関する調査)によると、子どもに習い事をさせる目的の1位は「好き、得意なことを増やす」でした。次に多いのは「体力づくり、運動能力の向上」、3番目は「集中する習慣を身に着ける」です。

しかし、その他のさまざまなアンケート結果によると、子どもが通う習い事の上位には、

  • 水泳
  • 英語や学習塾、通信教育などの学習系
  • ピアノや電子オルガンなどの音楽系

がランクインしています。

実際には子どもの好きなことを増やす目的よりも、得意なことを増やして学生生活や将来に役立たせたいと願う親の気持ちが、結果に出ているようです。

子どもに習い事をさせるきっかけで最も多かったのは「両親の希望」だと先ほどお伝えしましたが、この背景には子どもの将来を思う親心があるのでしょう。

週に何回、何曜日に通っているの?

次に、子どもの習い事は週に何回で、何曜日に通わせる家庭が多いのか、アンケート結果を確認しましょう。

『いこーよ』の行ったアンケート(2018年習い事調査)によると、子どもの習い事は週に1日と回答した家庭が最も多いようです。次に多い回答が2日、3番目は3日でした。

また、通わせる曜日に関しては、最も多いのが水曜日と土曜日。次に多いのが月曜日、3番目に多いのが火曜日です。とはいっても、月曜日から土曜日までの間であれば回答数に大きな差はありませんでした。

反対に、子どもを習い事に通わせる曜日のなかで最も少ないのは日曜日です。両親だけでなく、子どもにも休息が必要だと考えてのことでしょう。

習い事にはどれくらいの費用がかかる?

次に、それぞれの習い事にかかる費用をリサーチしたので紹介します。

『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事ランキングによると、1か月の習い事にかける予算は子ども1人につき1万3,091円。これを習い事1つあたりの金額にすると、平均6,814円です。

また、習い事の金額は子どもの年齢によっても差があり、未就学児は月に9,838円 、小学校の低学年は1万3,323円、高学年は1万6,114円、と年齢があがるにつれて少しずつ増えるようです。

習い事をさせるうえで悩みは?

最後に、子どもに習い事をさせるうえで両親が抱える悩みや、習い事をやめるきっかけについてリサーチした結果を紹介します。

アクサダイレクト生命保険株式会社の行ったアンケート(第5回 子どものおけいこ事に関する調査)によると、子どもに習い事をさせるうえでの悩みごとには、

  • 費用がかさむ
  • 付き添いや送迎、親同士の付き合いが面倒
  • 車がないと送迎が難しい

などを挙げた家庭が多いようです。

また、子どもの習い事を継続するかしないかを見直すきっかけとしては、

  • 1位 費用
  • 2位 お子さま自身の興味・関心
  • 3位 送迎にかかる時間

がランクインしました。

1位の費用に関しては『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事ランキングでもアンケート調査を行っています。こちらのアンケートによると、外食費やお小遣い、被服費を我慢することで子どもの習い事の費用を捻出すると答えたお母さんが多いようです。

まとめ

子どもの年齢や興味・関心だけでなく、両親の考えや暮らしの状況によっても適した習い事は違います。本人に興味や適性のない習い事を無理やりさせても、結局は続かないものです。とはいえ、いろんなことにチャレンジさせることで思わぬ才能に気づくこともあります。ぜひ、子どもと一緒に話をしながら考えてみてくださいね。

どんなサイト?

日常のちょっとした楽しみ、悩み。
日々奔走するパパ、ママへ。
「気付き=!」がみつかる、子育て応援メディアです。

子育て家族のカーライフを幸せを応援する、
ALPINE(アルパイン)が提供しています。

al.ways!ってどんな意味?

ALPINE「al」が提供する、
子育て家族の気づき「!」へつながる
道「ways」となるメディアとして、
いつでも「always」気軽に見てほしい
という思いが込められています。