レジャー

赤ちゃんの旅行デビューのポイント!いつからOK?移動はどうする?

2018,6,24

赤ちゃんとの旅行は、生後5か月ごろからなら安心です。最近はファミリー向けや赤ちゃん対応の宿も多く、旅行もしやすくなっています。移動は泣いても大丈夫な車や移動時間の短い飛行機がおすすめです。事前に準備や下調べをしっかりしておけば、トラブルにも落ち着いて対処できます。

赤ちゃんといっしょに旅行できるのは、いつごろからなのでしょうか。産まれたばかりの赤ちゃんを見ると、小さくてふわふわしているので外に出すのも怖いですよね。旅行なんて、しばらくはとても無理だと思っているパパやママは多いかもしれません。今回は、赤ちゃんの旅行デビューはいつからOKなのか、知っておくべきポイントや注意点を紹介します。

赤ちゃんとの旅行は何か月目からOKなの?

赤ちゃんが旅行できるのが生後何か月目からなのかは、日帰りか宿泊かによっても異なります。

日帰り旅行の場合

日帰りの旅行は、首がすわる3か月くらいからOKです。首がすわっていなくても使える、ベビーカーやチャイルドシートを用意しておくと安心です。

赤ちゃんの外出は、生後1か月の健診が最初。そこから少しずつ外に出ることが可能になります。里帰りから自宅に戻るタイミングも、ちょうどこの時期です。

宿泊ありの旅行の場合

宿泊ありの旅行は、首がしっかりしてくる生後4か月から5か月くらいがよいでしょう。離乳食やトイレトレーニングが始まると荷物が増えるため、その前の時期であれば無理せず旅行ができます。

ただし、お母さんからの免疫は疾患によっては生後6か月より早く切れてしまいます。感染症予防のため、人ごみはできるだけ避けて水分補給や手指の消毒を心がけましょう。

ママの体調にも配慮しよう

赤ちゃんだけでなく、ママも産褥期(さんじょくき)の1か月程度はあまり動けません。旅行の計画をするなら、ママの体調にも配慮して産後3か月ほどして母体が落ち着いてからにしましょう。赤ちゃんに慣れてくるころでもあるため、焦らずにプランをたてるのがベターです。

おすすめの移動方法

赤ちゃん連れで旅行をするときには、さまざまな赤ちゃんグッズを持参しなければいけませんから、移動方法も前もって考えておく必要があります。ここでは、おすすめの移動方法を2パターン紹介します。

赤ちゃん連れで移動する場合は、周囲に気兼ねしないですむ車がおすすめです。車なら、次のようなメリットがあります。

  • 荷物をたくさん積める
  • 車内でおむつ替えや授乳ができる
  • 赤ちゃんや兄弟が泣いたり騒いだりしたりしても、周囲に気兼ねしなくていい

赤ちゃんはあまり渋滞を気にしませんが、車酔いすることがあります。吐いたときや温度調節のために、着替えやタオルを多めに用意しておきましょう。

途中で休憩する、サービスエリアや道の駅などもチェックしておくと安心です。

飛行機

遠距離の場合は、移動時間が短い飛行機がおすすめです。子ども連れや赤ちゃん連れは、予約時に申告しておくと、座席の位置やおもちゃなどの気配りをしてくれます。

ただし、飛行機は着陸するまでは降りることができないため、泣き声やおもちゃの音には気をつけましょう。できれば昼寝の時間に合わせた便にして、赤ちゃんを寝かせながら搭乗できるのが理想的です。ぐずり対策のために、音の出ないおもちゃも用意しておきましょう。

離着陸で耳が痛くなってぐずるときには、おしゃぶりや飲み物などで軽減できます。

宿を選ぶときのポイント

「ファミリー向け」「赤ちゃん対応」とうたっている宿を選ぶと、設備もそろっていてスタッフも慣れているので、快適に過ごせるでしょう。ここでは、宿を選ぶときのポイントを紹介します。

赤ちゃん向けの部屋や寝具か

赤ちゃん連れの場合、部屋は和室を選びます。ハイハイや伝い歩きで動き回る赤ちゃんには、段差のない和室が安心。ベッドは落ちやすいので、寝具はふとんが理想的です。ベッドの場合は、ベッドガードをレンタルしましょう。

赤ちゃん向けの宿では、空気清浄機、加湿器、おむつ用ゴミ箱などの赤ちゃんグッズをレンタルできます。予約の段階で聞いてみましょう。

ファミリー向けでは、幼児用のアメニティや浴衣、キッズルームがある宿もあります。

赤ちゃん向けの食事が用意できるかどうか

食事の内容は月齢によって異なります。赤ちゃん対応の宿なら、段階ごとの離乳食を用意できるか、できなければベビーフードの持ち込みが可能か確認しましょう。離乳食を進めている途中でアレルギーがあるかどうかまだわからない赤ちゃんには、ベビーフードが安心です。

手作りの離乳食は移動中に傷みやすいため、持ち込むなら既成品を用意しましょう。常温でも食べられるものなら、移動中にも与えられるので便利です。

また、予約のときにミルク用のお湯が作れるポットが部屋にあるか、レンタルできるか確認しておきます。赤ちゃん用の麦茶は、コンビニやサービスエリアの売店でも購入できることが多いです。生水よりも安心なので、購入したものを飲ませましょう。

できればレストランよりも部屋食のプランがおすすめです。レストランを利用するなら、できるだけ個室をお願いしましょう。赤ちゃんが動いたり泣いたりしても安心ですし、ゆっくりと食事が楽しめます。

お風呂は赤ちゃん仕様か

赤ちゃんは内風呂(部屋風呂)に入れましょう。温泉の大浴場は温度が高いだけでなく、水質によっては赤ちゃんに不向きだからです。また、おむつの取れない赤ちゃんは、大浴場に入れないことがほとんど。宿によっては、家族で貸し切りにできるお風呂もあります。

温泉はぬるぬるしない泉質の宿を選びましょう。とろみのある水質は、赤ちゃんの肌に刺激が強いだけでなく、抱っこしている親も滑って転びやすいからです。

肌の弱い赤ちゃんや幼児は、普段使っているせっけんやローション、保湿クリームなどを持参しましょう。

宿を予約するときに伝えておくこと

宿を予約するときに、赤ちゃん連れであることを必ず伝えておきましょう。離乳食の段階や必要なものを確認できますし、スタッフも準備しておきやすいからです。あわせて、レンタルできるものは何があるか、部屋食や内風呂があるかなどを確認しておくと安心です。アレルギーも先に伝えておきます。

近くにコンビニがある宿なら、足りないものがあっても買い足すことができ、移動中の荷物を減らせます。予約のときに聞いておくと安心ですよ。

赤ちゃんとの旅行での注意点

赤ちゃん連れでの旅行には、幼児や大人との旅行とは違う注意が必要です。

なるべく「いつもと同じ」環境を保つ

赤ちゃんが旅行やお出かけで「いつもと違う」状態を楽しめるのは、1歳くらいから。それまでは「いつもと同じ」環境を整えてあげることが、赤ちゃんにとっては一番快適です。できるだけいつもと同じようにしてあげましょう。

特に、寝る時間や食事の時間などのスケジュールは、できるだけ普段と変わらないタイミングにすると赤ちゃんに負担がかかりません。やることを詰めこみすぎると赤ちゃんが疲れてしまうため、余裕のあるスケジュールで旅行しましょう。

忘れてはいけない赤ちゃんグッズ

旅行先でトラブルがあっても慌てないように、忘れてはいけない赤ちゃんグッズをリストアップしました。

  • 保険証、母子手帳、お薬手帳の入ったケース
  • 病院から処方されている常備薬や普段使っているケア用品(保湿クリームやローションなど)
  • おむつ、着替え、離乳食、スティックミルクなど

国内の場合、消耗品は旅行先でも購入できることが多いので、出発するときは少なめでも大丈夫です。海外の場合は、土地勘もなくお店を探すのも大変ですので、多めに持参しましょう。

旅先で困らないよう十分下調べする

最も重要なのは、しっかり下調べをしておくことです。経路の休憩箇所、交通機関の乗り継ぎ、空港や駅の休憩所、宿のアメニティ、オプション、コンビニやドラッグストアの位置、現地で子どもが喜ぶ場所など、気になることは前もって調べてメモしておきましょう。安心して旅行を楽しめるので、赤ちゃんにも余裕を持って接することができます。

旅行中にスマホで調べることはできますが、時間がかかると赤ちゃんがぐずってしまいかねません。あらかじめ調べておいたほうが安心です。

まとめ

赤ちゃん連れの旅行は、どれほど準備していてもトラブルがあるものです。準備は入念にして、スケジュールは詰めすぎないでおきましょう。時間にゆとりがあれば落ち着いて対処できるので、旅行もしっかり楽しむことができますよ。

どんなサイト?

日常のちょっとした楽しみ、悩み。
日々奔走するパパ、ママへ。
「気付き=!」がみつかる、子育て応援メディアです。

子育て家族のカーライフを幸せを応援する、
ALPINE(アルパイン)が提供しています。

al.ways!ってどんな意味?

ALPINE「al」が提供する、
子育て家族の気づき「!」へつながる
道「ways」となるメディアとして、
いつでも「always」気軽に見てほしい
という思いが込められています。