フローティングBIGX 11

11型大画面

アルパインの新たな大画面カーナビは、ケタが違う。
浮遊するように設置されるそのディスプレイは、
11型という圧倒的な大画面。
ケタ違いのサイズだから、
迫力や感動の大きさも、もはや別次元。
革新のアルパインから、
「フローティング ビッグX 11」、ついに誕生。

ケタ違いの迫力をもたらす、
11型大画面を採用。

フローティング ビッグX 11のディスプレイは、その名が示す通り、11型の圧倒的大画面。
地図を表示しても、映像を映し出しても、目の前に広がる世界はまさに圧巻。
大画面なだけに地図表示が見やすいのはもちろん、
タッチパネルの操作もよりスムーズに行えて機能的。
地デジ放送やDVDなどを視聴する際も、クルマの中とは思えない
ダイナミックかつ臨場感にあふれた映像を楽しむことができる。

画面の中に鮮やかに映える、
誤操作しにくい静電タッチキー。

カーナビとしての使いやすさとデザインの美しさを両立させるために、
静電タッチキーをディスプレイの下部に採用。
まるでタブレットのようなフルフラットのデザインを実現しながら、
キーの周りをブルーのイルミネーションで鮮やかに彩ることにより、
これまでのカーナビにはない機能美を追求。ドライバーにとって使いやすい位置に
分かりやすくキーを表示することで、誤操作を減らしている。

美しさを極めた
高精細WXGA液晶&
クリアブラックディスプレイ。

搭載する11型大画面は、その大きさとともに美しさも極めるべく、高精細WXGA液晶を採用。
このWXGA液晶は、これまでのWVGA液晶に比べて2.4倍の美しさを誇り、
微妙な色の階調や陰影もきめ細かくリアルに描き出す。
またクルマの中での映像美にこだわり、クリアブラックディスプレイを採用。
カバーガラスの下にあるタッチパネルとLCDユニットを密着させたギャップレス構造によって、
クリアな映像を叶えるとともに、光の反射を抑制。
助手席側など斜めの角度からでも、美しい映像を存分に楽しめるようにした。

TOP