後方セーフティーカメラシステム
DAS-C01R

後退時の接近物や後方死角車両、車線の逸脱をLEDランプやブザーでお知らせします。

※衝突や車線の逸脱を防止するシステムではありません。必ず目視で周囲の安全を確認してください。
※車種専用の製品のため、取付けには別売の車種専用カメラ取付けキットとダイレクト接続ケーブルが必要になります。
※本製品は専用測定器による販売店様での調整作業が必要です。

  • NEW発売中
    DAS-C01R
  • 標準小売価格 ¥43,000(税別)
  • 取扱説明書

<後退時接近物お知らせ機能>
車両を後退するときに、車両後方の左右から接近する移動物をお知らせします。
<後方死角車両お知らせ機能>
車両後方の死角を、他の車両が走行しているときにお知らせします。
<車線逸脱お知らせ機能>
車両が走行車線から逸脱しそうなときにお知らせします。

後方セーフティーカメラの特長

駐車場などから後退で出庫するときに、(車速5km/h以下)車両後方の左右から接近する移動物を検知しお知らせします。
※後退時接近物お知らせ機能については、システム作動条件を必ずお読みください。→詳しくはこちら

車両後方の左右から接近する移動物を検知

ブザー音と画面に矢印を表示してお知らせします。

隣接する車線の後方に他の車両がいることを検知して警報ランプでお知らせします。
※後方死角車両お知らせ機能については、システム作動条件を必ずお読みください。。→詳しくはこちら

対象車両を検知すると警報ランプが点灯します。

前進走行中に(車速30km/h以上)右後方の車両を検知

警報ランプ(右)が点灯します。検知された対象車両の方向へウインカーを操作するとブザー音が鳴ります。

前進走行中に(車速30km/h以上)左後方の車両を検知

警報ランプ(左)が点灯します。検知された対象車両の方向へウインカーを操作するとブザー音が鳴ります。

運転する車両が走行車線から逸脱しそうなときに、警報でお知らせします。
※車線逸脱お知らせ機能については、システム作動条件を必ずお読みください。。→詳しくはこちら

前進走行中に(車速60km/h以上)ウィンカー操作をせずに白線または黄線を逸脱

ブザー音でお知らせします。

調整作業について

本製品は取付け後に専用の測定器による実車での調整作業が必要です。取付け・配線や測定は専門技術がある販売店様へご相談ください。
詳しくはアルパインインフォメーションセンターまたは販売店様までお問い合わせください。
※測定器は本体には付属しておりません。

車両中心に合わせてキャリブレーションシートを設置します。

PCツールを使用して調整を行います。